エステの達人・エステサロンの選び方!

エステサロンの利用法や選び方についてご紹介!

脂肪注入でバストアップ

バストアップのために脂肪注入を行うシーン、気をつけたいことがあります。体内に注入した脂肪が、一気に吸収分離向かうと、豊乳房効果が期待したほど得られません。ポッチャリなバストに憧れて豊乳房オペレーションをしたのに、オペレーション前と比べてもあまり乳房が大きくなっていないということがあります。または、ある程度は吸収されるだろうと思って多めに脂肪を投入したら、豊乳房効果が生じすぎてしまうケースもあるようです。バストを大きくするに当たって、ポリシーの寸法が明確なクライアントは、脂肪注入は期待通りにいかないことがあります。脂肪注入による方法では無く、シリコンによる豊乳房オペレーションの方が術後の効果を予想しやすいので、向いていると考えられます。脂肪注入に用いる脂肪は、自分の体の皮下脂肪から採取行う。そのため、もともとの脂肪がないクライアントは、脂肪注入をすることができません。脂肪注入によってバスト寸法を大きくしたいと考えたところで、体内にそもそも脂肪がなければ、豊乳房は物理的に不可能なのです。形成のバストに同容量の脂肪を投入するので、費用300ccは必要です。脂肪の容量が多くないクライアントは、バスト寸法を大きくするための脂肪を準備することができないので、他の方式を選ぶことになります。アンダーバストの、ぱっと見にはわからないような場所にオペレーションの傷跡が残りますが、ほどんど目に付かないような場所になります。切開やるエリアは値ミリ程度の商品なので、傷跡本人も時の工程と共にほとんど分からなくなります。www.braidsociety.org

Comments are closed.