エステの達人・エステサロンの選び方!

エステサロンの利用法や選び方についてご紹介!

脂肪細胞

ダイエットなどを行っているときに脂肪細胞という言葉を耳にすることがあります。体内に脂肪細胞があることで、人の体には脂肪ができたり、蓄積したり、脂肪を使ってエネルギーを供給することができます。かつての脂肪細胞の認識では、成長過程までは増加するものの、体が成熟すると細胞数は増えず、縮んだりふくらんだりすると言われていました。けれども、この説と相反するデータか、最近出てきています。新たな考え方では、脂肪細胞は大人になってからも増えることがあるといいます。胎児期、乳児期、思春期の時期が、褐色脂肪細胞が増加すると言われていました。しかし現在ではこの時期を過ぎても数が増えるので、食事の際には注意をしなければいけません。人間の体には、白色と、褐色という、2つの脂肪細胞がつくられています。体の中でつくられた脂肪細胞は、白色脂肪細胞の中に貯蔵され、体脂肪として体の中に存在し続けると言われています。脂肪をエネルギーに変える機能を持つ褐色脂肪細胞のほうは、大人になるとだんだんと少なくなっていきます。褐色脂肪細胞の働きと、加齢に応じて新陳代謝が低下することは、ある程度のつながりがあるようです。肥満の可能性は、褐色脂肪細胞の数に関わりがあるとされています。

saitama-bsc.jp

Comments are closed.